芙蓉/今日の俳句 ≪第2986号≫

≪2018年(平成30年)9月11日(火)≫(旧暦二)   白芙蓉しだいに灯恋はれけり                     石橋秀野   松の間の芙蓉にそゝぐ朝日かな                     野村泊月   競ひ咲く花にはあらず芙蓉咲く                     三橋鷹女   雷消えてゆく白芙蓉花そろふ                     田村八束   日々為すなし芙蓉と海の明るきに                     多田裕計 ※ 芙蓉・花芙蓉・白芙蓉・紅芙蓉・酔芙蓉  中国原産のアオイ科の落葉低木。庭園に植えられる観賞植物だが、暖かい地方の海岸に、まれに野生化しているのが見られる。幹は直立し、または分枝し、星状の毛で厚くおおわれ、高さは一・五〜三メートル(五〜一〇尺)ぐらい。葉は三角状卵形で、掌状に三裂から七裂し、先端がとがり、縁には鋸歯がある。初秋のころ、幹の上部の葉腋に柄のある淡紅色の美しい花を開く。この花は一日でしぼむ。萼は鐘状

で五片に裂け、花弁は五個。基部は互いにくっついている。花のあとの?果はほぼ球形、風が吹くとふれあって音をたてる。フヨウにはまれに白色品種や八重咲き品種がある。 【新訂「現代俳句歳時記/石田波郷・志摩芳次郎編」主婦と生活社より抜粋】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡       ※☆*わが友に贈る*☆※   笑顔の人は強い。  その人が一人いれば  皆が明るく元気に!  周囲に希望を送りゆく  楽観主義の人たれ!           (2018年)9月11日        ※☆*寸 鉄*☆※  御書「法華経を耳にふれ  ぬれば是を種として必ず  仏に」。勇んで仏縁を拡大       ◇  広布は「一対一の語らい」  から。友の心に信仰の喜  びを!励まし週間に総力       ◇  青年教学1級へ高まる研  鑽の息吹!行学の錬磨は  人生の宝に。徹して学べ       ◇  他者と?がりある人ほど  心が折れな\xA4

い函F瓜屬\xCE  絆を固く。苦難の時こそ       ◇  米同時テロから17年。民  衆の力で暴力の連鎖根絶  へ。草の根の対話さらに【聖教新聞:2018年(平成30年)9月11日(火)≫付】      ※☆*名字の言*☆※ 「擱筆」という言葉を知ったのは、佐藤紅緑の小説『ああ玉杯に花うけて』を読んだ時だった。結びに「読者諸君、回数にかぎりあり、この物語はこれにて擱筆します」とある▼辞書で調べると「筆を擱く」の熟語だという。「書き終える」との意味だ。似たものに「筆を折る」があるが、こちらは文筆活動そのものをやめる、との意。「擱筆」には、続きの物語があるとの響きを感じる▼小説『人間革命』第12巻に、山本伸一青年が一高寮歌「嗚呼玉杯に花うけて」を歌おうと、青年たちに提案する場面がある。後継の「3・16」の儀式を終えて間もない頃。病床にあった戸田先生に「『広宣流布は私たちがやります』との、力強い歌声をお聞かせできれば、先生にご安心していただける」と▼『人間革命』の擱筆後、池田先生は、すぐさま『新・人間革命』の執筆を開始し\xA4

拭2源佞箸寮世い魎咾①⌆丨鯀槪蕕斬海韻藤横鞠咩F票圓涼罎砲蓮∨萋詎力∈椶竜Ⅶ槪鮴擇衄瓦い燭蝓▲痢璽箸暴颪Ⅷ未靴燭蠅靴討④人Г眤燭い世蹐Α◉核椰⑯譴慮斥佞鬚錣ⅱ擦剖舛ǂ擦觧顗⊆\xAB分が今、何をすべきかが見えてくる▼「擱筆」の対義語は「起筆」。師の擱筆の日は、弟子が「起つ」日である。自身の姿で、新たな「人間革命の物語」をつづる旅立ちの時が来た。(之)【聖教新聞:2018年(平成30年)9月11日(火)≫付】 彡……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*……☆★☆*☆彡……☆☆彡